滑津大滝|御釜(蔵王連邦)に行ったらついでに行きたい観光スポット!

投稿日:

御釜(蔵王連邦)に観光へ行ったら、その周辺にはいくつかの滝があります。自然を満喫しながら滝めぐりしてみるのも良いでしょう。秋は紅葉、春は新緑と綺麗な自然に囲まれながら散歩してみるのも良いのではないでしょうか。

それでは、御釜(蔵王連邦)周辺にある滝、滑津大滝を紹介していきます。

滑津大滝観光

 

滑津大滝(ナメツオオタキ)

■基本情報

  • 所在地:宮城県刈田郡七々宿町滑津
  • 規模:幅30m、落差10m
  • 設備:レストハウス、農産物販売所、トイレ
  • 駐車場:無料(普通車88台、大型車5台)
  • 問い合わせ:七々宿町観光協会 0224-37-2177

■交通機関を利用したアクセス

JR東北本線・白石駅からバスに乗り、七々宿町停留所下車、七々宿町停留所から滑津大滝停留所下車その後、徒歩2分

■自動車でのアクセス

東北自動車道白石ICより約50分

■タクシーで移動

白石駅よりタクシーで約40分

 

滑津大滝とはどんなところか

国道113号線の付近に駐車場があります。国道沿いにありますので場所も非常に分かりやすく迷わずに行くことができます。

滑津大滝入口の門が出迎えてくれます。そこから大滝に通じる階段が整備されていて奥には滝があります。料金などは一切かかりませんので自由に見学することができます。

滑津大滝入り口

ここから先は階段で進まなくてはなりませんので足腰が弱い方はちょっと不便かもしれません。しばらく進んで行くと滝が見えてきます。

滑津大滝鉄の階段

滝は2段になっていて上流側が滑津小滝で下流の方が滑津大滝となります。水量が多く幅30mから流れ落ちる水流は圧巻の一言です。水が綺麗で滝壺は浅く子どもたちでも水遊びができてしまうくらいの浅さです。

周囲が散策路として整備されていますので歩行しやすく、滝の近くまで行くことができます。滝野横には階段も設置されていますので大滝の上まで行くことができ小滝を見られます。水量が多い時は階段が水没してしまい上れない場合があります。

10月中旬から11月上旬にかけて紅葉の時期になり、ライトアップもされます。この時期は周辺の木々が色鮮やかに姿を変えていつもと違った美しさを楽しむことができます。

滑津大滝紅葉

階段を行き来するのが大変な場合は農産物直売所の脇に滝見台がありますので、そこから滝を上から見下ろせます。階段がきついという方はそちらから眺めるのも良いかもしれません。

階段から近くで滝まで行った人も滝見台から眺めるとまた別の違った眺めになりますので滝見台からも見学してみましょう。

滑津大滝上から

 

滑津大滝まとめ

御釜(蔵王連邦)に観光へ行ったら、ついでに滑津大滝の観光をするのも良いでしょう。幅30m、高さ10mの滝は圧巻です。水も綺麗で子どもたちも楽しく水遊びのできる環境ですので楽しく過ごすことができます。

また、10月中旬から11月上旬にかけては周辺の木々が紅葉になり美しく色鮮やかに変わります。観光で行くのであればこのシーズンに行ってみるのが良いかもしれません。





-観光スポット
-,

Translate »

Copyright© トラベラーclub , 2019 All Rights Reserved.

ツールバーへスキップ