カムイの湯 ラビスタ阿寒川は客室に檜風呂が付いた贅沢な宿

更新日:

 

ラビスタ 入り口看板

カムイの湯ラビスタ阿寒川は阿寒川を眺めながら自家源泉からのかけ流し湯を堪能できる温泉宿で客室にも温泉が完備されているちょっと贅沢な気分を味わえる宿です。

温泉の泉質は単純泉でph6.3%の弱酸性なのでお肌にも優しく潤いを与えてくれます。

そんなカムイの湯ラビスタについて紹介していきます。

 

カムイの湯ラビスタ阿寒川はどこにあるの?

場所は北海道釧路市阿寒町オクルシュベ3-1にあり、釧路から国道240号線で向かうと阿寒湖の温泉街よりも手前に位置し国道240号線と国道241号線が交わる付近に佇んでいます。

 

カムイの湯ラビスタ阿寒川のアクセス方法

各地から送迎バスを利用することができます。5日前までの完全予約となっています。

 

釧路空港からの送迎バス

料金

  • 無料

時間

  • 14:40発-15:40着

1日でこの1便しかありません。定員は7名までとなっています。

 

札幌からの送迎バス

料金

  • 片道6,000円
  • 往復12,000円

時間

  • 10:00/札幌センチュリーロイヤルホテル発
  • 11:00/新千歳空港発
  • キウスPA 10分休憩
  • 占冠PA 10分休憩
  • 14:05/帯広十勝プラザ発
  • 14:25/十勝川温泉発
  • 15:35/足寄道の駅発
  • 16:35/阿寒湖温泉各ホテル
  • 17:05/阿寒バスセンター

札幌から6時間のバスが出ています。帰りは阿寒を10:00発で札幌に16:40着になります。ルートは札幌から向かうルートをそのまま引き返すルートになります。

帯広から来る場合は札幌からのルートの帯広十勝プラザ、または十勝川温泉から乗れます。

料金

  • 4月-10月:片道2,000円
  • 11月-3月:片道1,000円

 

釧路駅からの送迎バス

料金:片道1,000円

時間

  • 14:10/釧路駅前 バスターミナル発
  • 14:18/新橋大通6丁目発
  • 14:20/鳥取大通2丁目発
  • 14:28/星が浦大通2丁目発
  • 14:35/大楽毛駅前発
  • 15:00/阿寒町 行政センター前発
  • 15:20/国際ツルセンター・阿寒町道の駅発
  • 15:55/阿寒町温泉各ホテル着
  • 16:10/阿寒バスセンター着

 

北見駅からの送迎バス

料金:片道1,000円

時間

  • 14:45/北見駅南口 中央プロムナード発
  • 15:25/津別バスターミナル発
  • 16:00/道の駅あいおい発
  • 16:20/阿寒湖温泉各ホテル着
  • 16:35/阿寒バスセンター着

このように各地からバスで送迎が出ていますのでバスを利用すると運転の疲れなんかもなく済みますので利用してみるのも良いのではないでしょうか。

 

車で行く場合

札幌方面から向かう場合

道央自動車道(30分)⇒千歳JCT 道東自動車道(2時間50分)⇒足寄IC下車⇒国道241号線、国道240号線を経由(1時間)⇒ホテル着

釧路方面から向かう場合

国道38号線⇒国道240号線経由(1時間10分)

北見方面から向かう場合

国道27号線⇒国道240号線経由(1時間30分)

 

ホテル到着後、駐車場は無料で停められます。

 

ラビスタ阿寒川はどんな宿なのか

ラビスタ阿寒川入り口

2015年9月にオープンしたばかりなので新しい建物です。阿寒で新築ホテルをオープンしたのが30年ぶりということで今の阿寒湖温泉にはない魅力が詰まっていそうな近代的な宿です。

通路の置物

通路には置物があります。何だかよく分かりませんがオシャレっぽいです。

早速中に入ってみましょう。

ラビスタ ロビー暖炉

ロビーには大きな暖炉がお出迎えしてくれてます。こういう所に豪華さが表れています。暖炉の隣にはシカの置物が飾られていますが、この近辺ですと野生のシカがいくらでも見られます。

阿寒川

目の前には阿寒川が流れているところが見られます。

それでは部屋に向かってみましょう。

廊下

部屋まで向かう廊下はこんな感じになっています。清潔感のあるキレイな館内です。

それでは部屋に入ってみましょう。

ラビスタ客室

木目をふんだんに取り入れて和を基調とした客室になっていて非常に落ち着いた雰囲気になっています。至るところで和が感じられるそんな雰囲気です。

洗面台

洗面所もちょっと変わったデザイン設計でオシャレです。木が多く使用されていますので温かみがあり和を感じさせてくれます。最近この鉢状の流しを採用しているホテルを良く見かけますが使いにくいという声も多々ありますが見た目はとてもオシャレです。

【アメニティ】

ハンドタオル・歯ブラシセット・バスタオル・シャンプー・リンス・ボディソープ・パジャマ・ドライヤー・羽毛布団・ひげ剃り・シャワーキャップ・綿棒・クシ・ブラシ

客室のベッド

ベッドは和の布団を意識したような低めのベッドになっています。照明も2箇所に設置されていて落ち着いたベッドルームになっています。

ミニダイニング

コーヒーやお茶を飲む時に使用するミニダイニングがありポットも置いてあります。こちらにも鉢状の流しが採用されていてオシャレに演出されています。

湯呑み

湯呑み用のコップなんかは棚の中に入っていますのでいつでもお茶やコーヒーなんかを飲むことができます。

客室檜風呂

客室全室に檜風呂が備わっています。大浴場もありますが部屋でゆっくり温泉に入ることもできてしまいます。部屋にまで温泉がひかれているのはとてもありがたいですね。

広さはありませんので1人でしか入れません。

ラビスタ 夕食

夕食は北海道の海と山の幸をふんだんに取り入れた和食会席料理でお腹が満たされます。コタン鍋がメインとなり外は雪景色で寒いですが体の中は温まります。

ラビスタ 貸切風呂

貸し切り風呂になります。ゆったりとのんびり入るには貸し切り風呂が最高です。それほど広くはありませんが景色を眺めながらゆっくりとくつろぐことができます。

温泉は内湯が男女各1個ずつ、露天風呂が男女各1個ずつ、サウナが男女各1個ずつ備わっています。貸切風呂は3箇所あり空いていれば自由に何度でも入ることができます。

ラビスタ朝食

朝食は和食膳・洋食膳の2種類から選ぶことができます。洋食膳はこんな感じになります。色とりどりでお腹を満たしてくれます。

 

ラビスタ阿寒川基本情報

  • 客室:全64室(禁煙47室/喫煙17室)
  • 駐車場:有り(無料)
  • チェックイン:15:00から
  • チェックアウト:11:00まで
  • クレジットカード払い:JCB・VISA・マスター・AMEX・UC・DC・NICOS・ダイナース・UFJ・セゾン





-宿泊施設
-, ,

Translate »

Copyright© トラベラーclub , 2019 All Rights Reserved.

ツールバーへスキップ