旭川の温泉付きビジネスホテル|ホテルWBFグランデ旭川はどんな宿

更新日:

ホテルWBFグランデ外観

旭川の温泉付きビジネスホテル、ホテルWBFグランデ旭川に宿泊してみましたのでどのようなホテルなのかを紹介していきたいと思います。

基本情報

●住所:〒070-0030 北海道旭川市宮下通10丁目3-3
●チェックイン:15:00から
●チェックアウト:11:00まで
●部屋数:120室【洋室105室/和洋室14室/その他1室】
●駐車場:有り(1泊1,000円)
●wifi:有り(全室)
●クレジットカード払い:JCB・VISA・マスター・AMEX・UC・DC・NICOS・ダイナース・UFJ・セゾン

場所も好立地で、JR旭川駅東口から徒歩2分の所にありますのでJRやバスで移動してきた人にとっては便利な場所です。ホテルの目の前にはセブンイレブンもありますのでちょっとした買物なんかにも非常に便利です。

外観は見ての通りかなり新しく立派でオシャレな感じのホテルですね。

それではホテルに向かいましょう。

 

ホテルの入り口

ホテルWBFグランデ旭川入り口

ホテルの入り口横に何やら書かれています。ホテルWBFグランデ旭川、天然温泉「みなぴりかの湯」と書かれています。みなぴりかの湯とは何なんでしょう・・・温泉に入るのが楽しみになってきました。

ちなみにこちらは正面玄関になります。車で来た場合は駐車場は道路から見てホテルの裏側になりますのでそちらの入り口から入ってきます。

それでは中に入ってみます。

 

フロント・ロビーにはキッズルームがある

キッズルーム

中に入るといきなりキッズルームがあります。ビジネスホテルにしては珍しいですね。小さな子どもは退屈しますのでこのような施設があると子どもたちも楽しい時間を過ごすことができます。

暖炉

反対側には暖炉のような飾りですね。壁紙がレンガ調ですので暖炉がマッチしています。とても雰囲気の良いオシャレなホテルです。

それではチェックインします。フロントでの説明聞くのも面倒だったんで説明は断ってとっとと部屋に向かいます。

 

エレベーターで部屋の階まで移動

エレベーターはフロントの横にあります。

エレベーター

さー乗って、ボタンを

「あら!?」

押ささらない・・・何だこのエレベーターはいきなり故障か!?

もがいているうちに別のお客さんが乗ってきて、カードを「ピッ」として階のボタンを「ポチッ」

「あーなるほどねー」

カードを認証させないとエレベーターが動かないようになっているんだ。フロントでしっかりと説明聞いておけばよかったと後悔・・・

他の人がカードを認証させてくれたので、私も自分の部屋の階、5階を「ポチッ」

カードを認証させないとエレベーターが動かないとはセキュリティー万全です。

ようやく動きました。いきなりハプニングで先行きが心配・・・

エレベーター2基

エレベーターは2基あります。この規模でしたら2基あれば十分です。そんなに待つことはないでしょう。

さー気を取り直して部屋に向かいましょう。

 

通路・廊下

ホテル 廊下

建物はすごく新しくてキレイなんですが、何でしょう廊下の絨毯の色かなー新しさを感じさせないのは、ちょっともったいない気がしますね。

洗濯機

廊下を歩いていると途中に洗濯機の部屋があります。私は1泊だけなので余り関係ありませんが、連泊する人にとっては便利ですね。

 

部屋に入ってみる

部屋のドア

部屋のロックもカード認証のようです。最近のホテルはだいたいこんな感じですね。それでは中に入ってみましょう。

カード指し

入って直ぐのところにカード挿し込み口がありますのでカードを挿し込みます。これで部屋中の電源がONになります。

早速室内に入ってみます。

 

ベッドはシモンズベッド

ベッド

客室はビジネスホテルとしては広い方です。部屋も新しくとてもキレイで、ベッドはシモンズベッドのセミダブルです。

ベッドはとてもシンプルで余計なものがなくサッパリとしています。

ベッド照明

ベッドライト

ベッドライトでしょうか。私は使うことはありませんが本を読んだりする人には便利な照明です。

部屋の照明スイッチボタン

ライトスイッチ

部屋のライトのスイッチですね。机と部屋のライト用スイッチが付いてます。とても押しやすい場所に付いていますので真っ暗になっても直ぐにボタンを押すことが出来ます。

充電用コンセントとUSBポート

ベッドのコンセント

ベッドに100Vコンセント1個とUSBポート1個が付いてます。そしてちょっとしたくぼみになっていますのでスマホを充電しながら置いておくにはピッタリのスペースですね。

この辺はしっかりと考えられて設計されているのでしょう。

 

テーブルにはテレビや冷蔵庫

客室

テレビはそれ程大きくありませんが、テレビはそれ程見ませんので十分な大きさです。

冷蔵庫

冷蔵庫

冷蔵庫は普通のコンパクトサイズの冷蔵庫です。中に水が1本サービスで入っていました。コンビニで飲み物を買ってくるのを忘れましたのでとても助かりました。

お茶・コーヒー

お茶とコップ

お茶とコーヒーのパックが置いてあります。私はこういうのは使用しませんが、使用する人にとってはとてもありがたいです。

ポット

湯沸かしポット

湯沸かし用の電気ポットが備わっています。

 

フロントでもらう券

朝食券

朝食券

翌日の朝食券になります。朝食は6:30から10:00までの間にとらなくてはいけません。私は仕事もありますので朝一で食べに行く予定です。もちろん朝食を頼んでない場合はこの券は貰えません。

駐車券

駐車場サービス券

駐車サービス券と書かれていますが、チェックイン時に精算しますのでその時に1,000円支払います。駐車場から車を出す時に支払わなくても良いという券になります。

駐車場は青空駐車になりますので雪が降った場合なんかは自分で雪下ろしをしなくてはいけませんので出発時は早めに出るようにしましょう。車で来ていない人は貰いません。

入浴券

入浴券

入浴券を貰えます。ただ最初の1回分で何度も温泉に入る場合はカードキーを出したら温泉に入ることができます。だったら最初からカードキーでも良いような気がしますが・・・

岩盤浴は500円で利用ができます。

優待券

優待券

宿泊者特別特典の優待券が貰えます。ここに乗っている店舗に行くと安くなったり、一部のサービスが無料で受けられたりとお得な優待券になります。私は既に晩飯を食べた後でしたので使用することはありませんでしたが・・・

部屋のカードキー

カードキー

部屋のカードキーはこんな感じです。5階の511号室に宿泊です。

 

空気清浄機

空気清浄機

加湿器付きの空気清浄機が備わっています。水は自分で補給しなくてはいけませんが冬場の乾燥する室内には加湿器付きの空気清浄機があると肌の乾燥も防げますね。

 

扉で仕切れる

扉で仕切れる

扉が付いています。これを閉めると外の物音が全くしなくなりとても快適に過ごせます。予想以上に効果が抜群で廊下の物音が一切聞こえてきませんでした。

 

空調設定

空調設定ボタン

何だか部屋が物凄い熱いです。空調で温度設定しても全然変わりません・・・電源を切ると徐々に温度が下がってきました。設定は電源のON・OFFと温度設定のみで簡単ですが、余りこの設定通りに行かないようです。寒いよりは熱い方が全然良いですけどね。

 

トイレやユニットバス

トイレやユニットバス

トイレや洗面所は物凄くキレイでピカピカです。かなり新しい感じです。広さは普通のビジネスホテルって感じの広さですが設備は新しいです。

トイレのボタン

トイレのボタン

ウォシュレットのリモコンも新しいですね。しっかりお尻の洗浄もしてくれそうです。

ユニットバスもキレイでピカピカ

ユニットバス

ホテル内に大浴場の天然温泉がありますので部屋の風呂は使用しませんが使わないのが勿体無いくらいです。

シャンプーやコンディショナー

シャンプーやコンディショナー

シャンプーとコンディショナーとボディソープはDHCで統一されています。使用していないので良いか悪いかは判断できませんが何となく良さそうな感じはします。

洗顔・手洗いフォーム

ハンドソープ

洗顔・手洗いフォームは透明の容器に透明の液体になってます。その隣にあるブルーのコップが歯磨きで使用するコップです。色鮮やかでオシャレなコップですね。

シャワーキャップ

シャンプーキャップ

シャワーキャップがあります。私は使用しませんが髪を濡らしたくない時やなんかに使用する人も居るかと思います。

ヘアブラシ

ヘアブラシ

ヘアブラシがあります。使い捨てのヘアブラシですね。何度でも使用する気になれば使用できますが。

カミソリ

カミソリ

使い捨てのカミソリがあります。私はこのT字型のカミソリを使うと肌が血だらけになりますので使用しません。

スポンジ

スポンジ

体洗い用のスポンジですね。水を含むとフワーっと膨らむやつです。

コットン

コットンセット

コットンセットです。女性が化粧する時に使用するのかな?私は使用しませんので分かりません・・・

アメニティはこのくらいでしょうか、あとはドライヤーがあります。

それでは早速温泉に行ってみたいと思います。

温泉は2Fですね。

 

大浴場

大浴場は券か部屋のカードキーを受付に渡すとバスタオルと小さなタオルを貰えます。部屋のタオルを使用するホテルでは2回入ると乾いてないまま使用したりしますが、ここは毎回タオルを貰えますのでいつでも乾いたままのタオルが使用できます。

脱衣所

脱衣所

広さもありますし、ロッカーの数もかなり沢山あります。ビジネスホテルの温泉という規模ではありません快適です。

それでは温泉に入ってみましょう。

かけ湯

かけ湯

かけ湯は大きな壺に入って豪華ですねーこれは風呂も期待できそうです。

洗い場

洗い場

洗い場の数も相当あります。もう入1列ありますので数十人入っても大丈夫そうですね。

水風呂

水風呂

水風呂があります。奥に温度表示がされていますので温泉の温度が各所で分かるようになっています。自分好みの温度の風呂が一目でわかります。

泡風呂

泡風呂

泡風呂は頭側の所に凸部分がセンサーになっていて、そこに触れると泡が数分間でるようになっています。ecoですね。

炭酸泉

内湯大浴場

内湯の炭酸泉です。2つ連なって風呂がありますが各温度が異なりますので自分好みの温度帯の風呂につかってくつろげます。窓の向こう側が露天風呂になっています。

さっそく行ってみましょう。

テレビが2台設置されている

露天風呂のテレビ

露天風呂は天井が半分空いた感じで周りを見渡すことはできません。露天風呂にはテレビが2台設置されていますのでテレビを見ながらゆっくりとくつろぐことができます。

露天風呂

露天風呂

奥側がちょっと白く濁ったお風呂で出前側には電気風呂があります。温泉の温度も丁度良くテレビを眺めながらゆっくりとつかってられます。

石壺湯

石壺湯

1個に一人しか入れない石壺湯は全部で3個あります。こちらも丁度よい温泉の温度で石壺なんて入ることありませんので贅沢な気分でくつろげてしまいます。

あと中にサウナもあり汗を流すこともできます。

温泉は全部でこのようになり、ビジネスホテルの温泉とは思えない豪華さと広さを兼ね揃えています。

十分満喫できたのであがりましょう。

パウダールーム

パウダールーム

パウダールームにはドライヤーとアメニティが揃っています。6台分ありますのでそうそう混み合わない限りが直ぐに使用できます。風邪をひかないように髪の毛は乾かしてから出ましょう。

休憩所

休憩所

風呂から出た所に休憩所があります。小上がりにイス、テレビ、マッサージチェア、自動販売機などがありますのでゆっくりとくつろいじゃいましょう。

風呂は大変満足しました。こんなに豪華な風呂とは思ってもみませんでしたので良い意味で驚かされました。あとは部屋に戻って寝るだけです。明日の朝食が楽しみです。

 

朝食

朝食バイキング

朝食はバイキング形式です。種類が豊富で選ぶのに迷ってしまいますが、こんな感じです。美味しそうに見えない?すみません盛り付けの問題です。とても美味しく頂きましたので、もう1杯

朝食おかわり

今度は先程と違う感じで、イクラ丼に刺し身、ジンギスカンやデザートなど取ってきました。お腹がはちきれそうですが味も美味しく、種類も豊富で大満足です。

 

ホテルWBFグランデ旭川まとめ

見ていただいたとおり、ビジネスホテルとは思えないサービス内容です。

建物はキレイでオシャレ、風呂は最高、直食も良いと3びょうし揃った素晴らしいホテルです。

特に1番よかっと思うところは温泉ですね。

下手な温泉宿よりこちらの温泉の方がよっぽど良いかと思います。ビジネスホテルというレベルではないですね。

私が今まで宿泊したビジネスホテルの中では間違いなくNo.1です。

旭川でビジネスホテルを探しているのであれば、ホテルWBFグランデ旭川は是非おすすめします。





-宿泊施設
-, ,

Translate »

Copyright© トラベラーclub , 2019 All Rights Reserved.

ツールバーへスキップ