福島の観光スポット|達沢不動滝へのアクセス

更新日:

 

達沢渓谷

達沢不動滝

福島県耶麻郡猪苗代町にある神祕の滝とも言える達沢不動滝。

この達沢不動滝はいなわしろ八景にも選ばれており、また、ふくしまの水三十選にも選ばれている、猪苗代の観光名所のひとつです。

 

いなわしろ新八景

達沢不動滝看板

達沢不動滝以外のでいなわしろ新八景に選ばれているのは

●天神浜

●観音寺川

●中津川渓谷

●土津神社

●天鏡台

●亀ヶ城跡

●天鏡閣

これら7つと達沢不動滝とで八景になります。

 

達沢不動滝へのアクセス

猪苗代町の国道115号線から、郡山市方面に向かう県道24号線に入ると中ノ沢温泉があり、温泉街の入り口手前に、達沢不動滝と書かれた案内があるますのでそこから入ります。

車高の低い車では入れない砂利道になっており、5kmほど進むと駐車場に到着します。

鳥居がありますので、そこから奥に進んで行き、道の横にはキレイな川が流れ10分ほど歩くと滝に到着します。

子供やお年寄りでも歩いて行けますので家族で来てみるのも良いかもしれません。

滝からはマイナスイオン

達沢不動滝アップ

高さ10m、幅15mほどの大きさがあり、そこから落ちる水は線を描いたような真っ直ぐでキレイに岩肌へと落下していきます。

まるで絵に描かれたようなキレイな滝は、涼しくマイナスイオンが溢れ真夏の暑い日でも、ここに来れば涼んで爽快な気分になります。

いつまでも眺めていたくなるような、この光景に魅了されてしまいます。

 

近くからは虹

達沢不動滝 虹

近づくと、すだれのように落ちる滝の水が岩肌にぶつかり、その衝撃で水しぶきとなり、霧状になったしぶきが太陽の光を浴びて、虹となっています。

遠くから眺めるのもキレイですが、近くで水しぶきを浴びながら見る光景も一味違った眺めです。

 

 

皆さんの感想

奥まった場所にあり、車を降りてからも結構歩きます。 完全に観光地化されていませんので、トイレも簡易版しかないです。 道も滝まで続く未舗装の道があるだけです。 休憩所がある訳でもありませんので、注意してください。 滝は、森に囲まれて神秘的に見えます。 森の散策を楽しむのであれば最高の場所だと思います。
まさか、素敵な滝があるとは、思いませんでさた。大通りから小道を車で10分行くと駐車場があります。15台くらいとまれるでしょうか。そこから歩くこと五分くらいでしょうか。滝が見えてきます。緑と小川が綺麗です。一見の価値があります。是非おすすめ。
こんな所に~すごいすごいの一言でした!
写真を見てるような滝と景色ー穴場ですね~
滝の周囲の木々は太陽の光を浴びて柔らかな若草色
山野草の散歩道を歩きながらリフレッシュできますよ!
幾度となく訪れています。雪解けの頃、初夏、紅葉の時期、、、水量が違ったり、まわりの木々の色が違ったりで、毎回違った美しさをみせてくれます。男滝の迫力、女滝の繊細さ、その対比に心打たれます。
当日駐車場には乗用車が6,7台マイクロバス1台、遊歩道は平坦で歩き安く高齢者でも安心して歩けます。沢の流れの両岸にトチの木、沢胡桃の大木がまっすぐに生い茂り原生林そのもの、迫力のある男滝、優しげな女滝、素晴らしい滝です。
大河ドラマ「風林火山」のオープニングにも登場した男滝と、その奥にひっそり佇む女滝が対を成しています。
途中の道はやや狭くて、しかも駐車場までの最後の1kmほどは未舗装のすれ違いやや困難なダート路で車高の低いクルマは大変かもしれないけど、駐車場から滝に至る歩道でたっぷりと森林浴が楽しめ、さらに男滝は近くまでいけるのでたっぷりとマイナスイオンや見た目の清涼感を味わうことができます。

行ったときはまだ雪解け間もない感じでしたが、初夏の緑生い茂るシーズンや秋の紅葉シーズンはそれはもう見事だということです(^^)

 

達沢不動滝まとめ

私も滝を色々と見てきましたが、このようなキレイな滝はそうそう巡り会えるものではありません。

都会に住んでいる方は、このような大自然を目の当たりにすると、都会の騒音や忙しさを忘れ、心が真っ白に癒やされていくのではないでしょうか。

滝から落ちる水の音に耳を傾けながら、大自然の空気を吸いゆっくりとした時間を過ごすことでストレスや嫌なことを一気に忘れさせてくれます。

 

 





-観光スポット
-,

Translate »

Copyright© トラベラーclub , 2019 All Rights Reserved.

ツールバーへスキップ