旅行へ行く時の持ち物リスト|これを忘れたら大変なことに!

更新日:

 

持ち物は早めに準備しておく

持ち物準備

 

旅行の持ち物を準備する時は、余裕を持って行うようにしましょう。

事前にバタバタしてしまうと、出発前日に「あれがない」「これもない」といったことになりかねません。

無いものは購入するしかありませんので、直ぐに手に入る物でしたら良いですが、取り寄せやインターネットショッピングなどの通販で購入する場合は、手元に届くまでに日数がかかってしまいます。

慌てて準備してしまうと忘れ物をすることがありますので時間に余裕を持って準備するようにしましょう。

スポンサーリンク



 

何を持っていけばいいのか?

持ち物

 

何を持っていけば良いのか、忘れ物がないか以下に一覧にしていますので確認して手元に無い物は早めに準備しましょう。

 

旅行での必需品一覧

■現金
 支払いするのに必須です。クレジットカード払いの人でもカードが使用できない場合もありますので必ず現金は多めに持っていきましょう。又、どこかに忘れたり落としたりする場合もありますので2つに分けて持っていくのがポイントです。
■クレジットカード
 クレジットカード払いにすることで現金を少なくすることができますので便利です。又、クレジットカードには旅行の保険が付帯したカードがありますので、そういったカードを持っていると別途保険に入らなくてもケガをした場合など保証されますので安心です。
■運転免許証
 身分証明書になり、旅先でレンタカーを乗る時は必要になります。必ず持っていくようにしましょう。
■健康保険証
 旅行先でケガや病気になるかもしれません。万が一に備えて持っていきましょう。
■学生証
学生の人に限りますが、学割がきく場所もありますので学生の方は持っていきましょう。
■航空チケット
飛行機で 移動する場合に限りますが、手元に航空チケットがある場合はチケットを忘れずに持っていきましょう。空港でチケットを発行する場合は、予約番号が入ったものを忘れずに持っていきましょう。
■ETCカード
車で旅行する場合やレンタカーを借りて移動する場合は、高速道路を利用する場合がありますので忘れずに持っていきましょう。
■携帯電話
旅行に限らず、いつでも必需品です。カメラの撮影、目覚まし、電話やメールでの連絡手段、電卓、使い方は色々ありますが必需品なので忘れないようにしましょう。
■携帯電話の充電器
宿泊先で備わっている場合もありますが、分かりませんので持っていく方が無難です。スマホがバッテリー切れで使用できなくなると、かなり不便になってしまいます。
■デジタルカメラ
スマホで十分という方は必要ありませんが、デジタルカメラの方がスマホよりもキレイに撮影することができます。旅の記録を残すためにも持っていきましょう。
■デジタルカメラの予備バッテリーと充電器
デジタルカメラの予備バッテリーがあると、充電が切れても直ぐに交換すれば使用できるようになるので便利です。又、充電器は忘れがちですが必ず持っていきましょう。
■デジタル・ビデオカメラ
旅を記録するには、必需品です。静止画よりも動画を残しておくほうが後から見た時に記憶が鮮明によみがえります。家族旅行の時は子供の成長記録にもなりますので持っていきましょう。
■デジタル・ビデオカメラの予備バッテリーと充電器
予備バッテリーがあると、途中でバッテリー切れしても直ぐに交換することで撮影ができるようになります。予備バッテリーを使用したら、もうひとつのバッテリーを充電しておくように充電器も忘れず持っていきましょう。
■ビデオカメラの三脚
ずっと持って撮影しているのも、手が疲れますので三脚で撮影できるものは三脚を使用するとブレもなく楽に撮影することができます。
■カメラやビデオカメラのメモリ
SDカードに保存している場合が多いかと思います。容量がいっぱいになり撮影できなくなった場合は直ぐに交換できるように予備は持っていきましょう。
■オーディオ・DVDプレーヤー
移動の時に何もすることが無く退屈な場合はオーディオプレーヤーで音楽を聴いたり、DVDプレーヤーで映画を見ながら空き時間に利用するのに便利です。
■生理用品(女性)
 女性の方は必需品です。途中で購入することもできますが、事前に準備しておく方が無難です。
■化粧品
 旅行の時は、荷物にならないようにできるだけコンパクトな容器の物を持ち歩くようにしましょう。
■シャンプー・リンス
ホテルにも備わっていますが、洗った後にギシギシする場合がありますので、普段使用しているコンパクトタイプを持っていくようにしましょう。
■ボディソープ
ホテルにも備わっていますが、こだわりがある人は普段使用しているコンパクトタイプを持っていきましょう。
■洗顔料
ホテルに無い場合があります。又、自分に合ったものを使用するのが良いので普段使用しているものを持っていきましょう。
■コンタクトレンズやメガネ
コンタクトレンズやメガネを使用している人は忘れず持ち歩くようにしましょう。コンタクトレンズの方は、保存液や洗浄液も忘れずに持っていきましょう。
■カミソリやひげ剃り
ホテルにも使い捨てのカミソリがありますが、使い勝手が悪いので普段使用しているカミソリやひげ剃りを持ち歩くようにしましょう。
■整髪料
旅行中に髪の毛がボサボサではみっともないので、普段使用している整髪料は持ち歩くようにしましょう。
■下着
パンツ、Tシャツ、は宿泊日数分用意していきましょう。荷物になるのが嫌な人は現地調達することもできます。
■靴下
旅行日数分準備していきましょう。荷物になるのが嫌な人は現地調達もできます。
■着替え
洋服・ズボンは日数分準備していきましょう。
■パジャマ
ホテルにもよりますが、無い場合や自分に合わない場合がありますので下着のまま寝るのに抵抗がある人は持っていきましょう。
■帽子
屋外で日差しを浴びる場合は紫外線対策に持っていくようにしましょう。
■サングラス
屋外で日差しを浴びる場合は紫外線対策に持っていくようにしましょう。
■日焼け止め
屋外で日差しを浴びる場合は紫外線対策に持っていくようにしましょう。
■マスク
花粉の多い時期は、花粉症対策でマスクをしている方が無難です。持ち歩くようにしましょう。
■小型バッグ
観光用で出かける時のバッグを持っていきましょう。ショルダーバッグ、ウエストポーチなどカメラなどが入る大きさの物だと持ち運びも便利です。
■ガイドブック
今はスマホでも直ぐに調べることができますが、必要に応じて持っていきましょう。
■スケジュール表
自分の旅行プランを書いたスケジュール表を持っていきましょう。効率よく旅をすることができます。
■医薬品
下痢止め、胃薬、頭痛薬は突然やってくるかもしれませんので万が一に備えて持っていきましょう。又、普段飲んでいる薬があれば忘れず持ち歩くようにしましょう。
■ティッシュ・ハンカチ
何かと使用する機会があります。必ず持ち歩くようにしましょう。
■ウェットティッシュ
何かと使用する機会がありますので持っていくと便利です。
■歯ブラシ・歯磨き粉
ホテルにありますが、歯ブラシや歯磨き粉にこだわりがある人は普段使用している物を持っていきましょう。
■くし・ブラシ
ホテルにもありますが、使い捨て感が嫌な人は普段使用している物を持っていきましょう。
■サプリメント
普段サプリメントで栄養補給などしている人は忘れずに持っていきましょう。
■制汗剤
体臭が気になる人は忘れず持っていくようにしましょう。
■アイマスク
移動中に仮眠をとる人は必需品です。忘れず持っていきましょう。
■耳栓
移動中に仮眠をとる人は必需品です。忘れず持っていきましょう。
■筆記用具
手帳やボールペンは何かをメモする時に必要になってきます。必ず持っていきましょう。
■スーツケース
 荷物を全て入れるためのスーツケース、4輪キャスター付きがオススメ

 

国内旅行であれば、上記の持ち物で構いません。忘れずに準備するようにしましょう。

それでは、海外に行く場合は、上記の持ち物と下記の持ち物両方が必要になりますので確認しましょう。

 

 

海外旅行には追加でこれらを持っていく

 

海外旅行の持ち物では、盗難された場合を想定して予備品は必ず持ち歩くようにします。日本のように治安が良いところはそうそうありません。
物を置いたままその場を離れたら、無くなると思っていたほうが良いです。

 

■パスポート
 有効期限が切れていない物、又、持っていない人は発行に時間がかかりますので早めに準備しましょう。
■ビザ・ESTA
行く地域によって必要な場合と不要な場合があります。アメリカはESTAが必要になりますので事前に申請しておきます。
■パスポートコピー
 紛失や盗難に備えて、予備をコピーして原本とは別々で保管しながら持っていきましょう。
■海外旅行保険証
 海外でケガや病気をして病院にかかると莫大な金額が請求されます。クレジットカードの保険で十分まかなえる場合はそれで良いですが、保険が付帯していないカードしかない場合は保険に加入しておきましょう。
■証明写真
 パスポートを紛失して再発行する場合に必要になります。海外で写真屋を見つけるのは大変ですので予め45mm☓35mmの写真2枚を準備して持っていきましょう。
■国際免許証
有効期限は1年になりますので、1年を過ぎたら再申請になります。更新はありませんので注意してください。海外でレンタカーを借りる場合は必需品になります。
■現金
現地通貨の現金を持っていきましょう。海外では基本的にクレジットカード払いになりますので現金はそれほど必要ありませんが、チップなどは現金で支払いますので準備しておきましょう。
■クレジットカード
VISAかMasterCardの国際ブランドが無難です。JCBは使用できる箇所が少ないので、持っていない人は早めに準備しておきましょう。
■スーツケース
アメリカ領土(ハワイやグアム含む)場合は、TSAロック付きのスーツケースだと施錠することが許可されていますので、TSAロック付きのスーツケースを準備しておきましょう。TSAロック以外の施錠は壊されますので注意して下さい。
■エコバック
店によって買物袋をくれない場合があります。私は子供のおもちゃを買って4斗袋くらいの透明袋に入れられたことがあります。持っているだけで恥ずかしかったです。
■予備財布
現金やカードは、3箇所くらいに分けて別々で保管し持ち歩くのが無難です。1番良いのは首からぶらさげて服の外に出さないのが盗難されませんので安心です。
■海外用電源プラグ変換アダプター
国によってコンセントの形状や電圧が変わってきますので、旅行先の国に合った変換プラグを準備しましょう。
■WiFiルーター
日本から持ち出したスマホをそのまま海外ローミングで使用すると物凄い高額請求がくる場合があります。海外用のWiFiルーターをレンタルしておくと安く済みます。
■折りたたみスリッパ
飛行機内で靴を履いたままですと足が疲れますので、折りたたみのスリッパを履くと機内やホテルで足が疲れないで済みます。
■スマホアプリ
翻訳してくれる無料アプリがありますので、言葉が話せない人は事前にインストールしておきましょう。
■宿泊先などのコピー
言葉が話せない人は、入国審査で宿泊先を尋ねられたら、コピーを見せるのもひとつの手段です。

 

これらが、基本的な持ち物になります。

これ以外にも、目的に応じて持ち物を追加していきましょう。例えば、海に入るのであれば水着を持っていくとか、登山をするのであれば登山用品を持っていくなど、必要に応じた持ち物を準備するようにして、忘れ物がない快適な旅にしましょう。





-旅行前準備
-

Translate »

Copyright© トラベラーclub , 2019 All Rights Reserved.

ツールバーへスキップ