大阪でミシュラン三つ星に選ばれたレストラン予約

更新日:

北新地 弧柳

弧柳 玄関

北新地にある、ミシュランガイドで三つ星を6年連続で獲得している名店「弧柳」。

店内は12席のカウンター席のみで小じんまりしていますが、これが高級感をより引き出しています。

日本料理の伝統をまもりつつ、斬新な発想の料理は、芸術的で食べるのがもったいないくらいで味はいうことなしの絶品料理。

 

厳選された食材をいかした料理が並び

 

【 コース内容 】

・先附

始まりの料理は季節感と期待感を膨らまし印象に残る一皿

・小鉢

旬の浪速野菜を中心に色々な調理技術で仕上げた料理

・魚庭

弧柳のメインディッシュ/全国からその日の最高級である魚介を使用し色々な味で造り出す5品

・煮物椀

北海道道南産三年蔵囲い真昆布と枕崎産荒節、箕面の山の湧き水で引いたお出汁を使用し季節感のあるお椀物

・旬菜

今が旬の食べて頂きたい食材の個性を生かした創意工夫の一皿

・魚希

備長炭にて炭火焼きを中心に季節の魚介類と野菜を組み合わせ、それぞれの持ち味を生かした魚料理

・猪口

次の料理へと期待感を膨らます、お口直し的な小鉢

・肉希

宮崎牛A5ランク 子供を産んでいない牝牛の三角やジビエなども使いながら枠にとらわれない調理技術での一皿

※内容は季節や食材の仕入れ状況により変化します。

 

口コミ

ミシュラン三つ星としては破格の安さではないかと思います。二人でおまかせコースにビール一杯、お茶一杯、冷酒四合で36000円でした。 パリの三つ星の3分の1のお値段です。フランス料理と和食で比べる事自体疑問ではありますが、個人的には遙かにおいしいと思いました。
北新地唯一のミシュラン三ツ星の「北新地 弧柳(こりゅう)」さんは初訪問です。
浪速割烹の名店「喜川(きがわ)」出身の松尾慎太郎さんのお店です。

何度も通っていましたが遂にこの日が。

3人で訪問です。
店内はかなり変形のカウンター。

徳島のアワビ、ぶどう、もも、とまと、毛馬胡瓜

夏らしい爽やかな始まりです。

万願寺
鰹節が通常よりかなり細い
これだけで食感がこんなにも変わるもんですね。

サケクダサイ。

名物の魚庭(なにわ)と呼ばれるお造りの盛り合わせ。
塗りのお膳に数種類を盛り分けてあります。

白身のような繊細な魚には。

兵庫県香住沖の海水を添えて。

サケがススミマス。

日本酒も添えられます。

北島 完全発酵辛口 純米吟醸生 吟吹雪 25BY
しっかりとした味わいでお造りのも合います。

大間のマグロは2種
添えられるのは黄身の醤油漬け。
『ポンシェビ』さんでいただいたものに似ています。

コウナッチャイマスよね。

サケがススムお造りだこと。

花まで添えられております。

焼き台を眺めるのも又楽しみの一つ。
変形の焼き台になっており様々な温度帯をつくって絶妙な火入れをされています。
大人の遊園地のようです。

椀物です。

鱧碗 おかひじき おくら
梅肉を少量とかしこんでいますので
爽やかな椀に仕上がっています。

無花果 八尾のずんだ カラスミ

サケクダサイ。

雲丹は山葵のシャーベットを添えて

宮崎牛は炭火で炙りとうもろこし味噌で。
まさに肉の肴です。

サケクダサイ。

何杯飲んだんだろう…(笑)

〆です。

高槻キヌヒカリと箕面の天然水のお粥 鯛味噌添え

ほっこりですね。

今回は急なお誘いでしたが非常に楽しい時間を過ごせました。
この内容でこの価格はお値打ちですね。
ふらふらになりながらも2件目に向かうのでありました。

予約の取れないお店、新地の狐柳。今、北新地では最高の和食を食べさせてくれるお店と私は思っている。
大将の人柄やスタッフのサービスも完璧で誰を連れて行っても恥を書くことがないお店。
大将の包丁さばきを楽しみながら、美味しい料理に舌鼓を打つ、最高のひと時を是非味わってもらいたい!

 

基本情報

■住所:〒530-0003 大阪府大阪市北区堂島1-5-1 エスパス北新地23 1F

■昼営業時間:12時から14時30分

■夜営業時間:18時から23時30分

■定休日:日曜日、祝日

■クレジットカード:VISA、MasterCard、UC、DC、UFJ、ダイナースクラブ、アメリカン・エキスプレス、JCB、NICOS、MUFG

■アクセス

・JR東西線 北新地駅から徒歩3分

・地下鉄四つ橋線 西梅田駅から徒歩3分

・JR 大阪駅から徒歩8分

 

▶ 予約はこちら

 

 

 

太庵

太庵 入り口

大阪ミナミ島之内にある日本料理「太庵」は2000年からオープンし、2011年にはミシュラン三つ星を獲得した名店。

赤ワインと蜂蜜、香辛料で下味をつけ香ばしく焼き上げるスペアリブが定番、名物の焼き物を始めとする食通も認める日本料理店。

テーブル席が1つとカウンター席が12席で、合計16席が入れる小じんまりとした店内が高級感を漂わせる。

 

 

なんとも素敵な料理ばかりです。

 

【 おまかせコース 】

・八寸

・お椀

・お造り

・焼き物

・一口揚げ物

・炊き合わせ

・ごはん

・デザート

 

口コミ

場所は大阪長堀橋付近にあります。

こちらは数少ないミシュラン三つ星を獲得されているお店でして、
大阪を代表する日本料理店の内の一店です。

外観は高級感のある和の佇まいです。
店内も同様に綺麗で高級感がありますが、
カウンターとキッチンの間にある台の高さが絶妙ですごく居心地が良いです。
席はL型カウンターをメインに、その後ろには1つテーブル席があります。

オーダーは13000円(税・サービス料別)のおまかせのみです。
では料理紹介に。
・前菜(子持ち昆布のすり流し、カブラのすり流し、ほうれん草と椎茸のおひたし、もずく酢、ウニ豆腐)
・塔婆豆腐と白子の椀
・白エビとフグの薄造り
・スペアリブの赤ワイン風味
・カニの湯葉包み
・牡蠣の炊き合わせと茶碗蒸し
・フグご飯、お味噌汁、カブラと塩昆布
・小倉あんとイチゴのゼリー
以上のコース詳細です。

まずは八寸の様な前菜からスタート。
どれも結構はっきりとした味付けがベースとなっており、一品一品丁寧に作られている料理は
どれも美味しく、中でも子持ち昆布とウニ豆腐は非常に美味しかったです。

続く椀は引き算系のクリアーな出汁ではなく、
しっとりとしたクリーミーな味わいとなめらかな食感がオリジナリティある出汁、
こちらもしっかりめの味付けでして、これが非常に好みの味で絶品でした。
造りは驚きは無いものの、鮮度良く美味しかったです。

そしてここでもうメイン、非常に早い展開にちょっと驚きました。
スペアリブは洋のイメージが強いので、割烹で出るのは少し違和感がありますが、
ボリューミーでありつつも柔らかく食べやすい、上品で美味しいスペアリブでした。
ちなみにメインは事前に6種の中から選ぶ形、好みに合わせて選べるのは嬉しいですね。

ここまでは個人的にかなり良い感じで来てたのですが、後半はその流れは落ち着き、
ここからは正直特に引き立つ一品がなかったので、この辺りで割愛します。
途中メインがかなり早い段階で来たので、もう終盤のご飯?と思いましたが、
その後もまだ一品があったので安心しました。

サービスは女将さんが中心でして、丁寧で明るい素敵な対応です。
特に特記すべき驚きはありませんが、終始不備のない対応で心地良く過ごせました。
日本酒を飲む際はグラスを選ばせてもらえます。
帰りも大将と女将さんが外までお見送りして下さいました。

三つ星を取られるほどの凄みがあるかと言うと、そこまでの貫禄は感じませんでしたが、
クオリティが高いのは言うまでもなく、素敵なお店でした。

12席のカウンターとテーブルが1席の2000年から高畑均氏が開いた店、炭火で焼きあげる料理を得意としている、季節の美しい料理がそれを引き立てる器で提供されます、この日はお隣のお席はハワイからの親子のお客様でした、ミシュラン星のお店は外国のお客様もたくさんいらっしゃいますね
ビジネスの宴席で利用しました。カウンター席でコース料理です。先付けから始まるコースはどれも上品で美味しいものでしたが、選択したスペアリブが一番美味しかったです。高いから当たり前かもしれませんが、最高の時間を過ごすことができます。さすがはミシュラン三ツ星。うなずけます。

 

基本情報

■住所:大阪府大阪市中央区島之内1-21-2 山本松ビル 1F

■営業時間:15時30分から21時00分

■定休日:月曜日

■クレジットカード:VISA、MasterCard、JCB、AMEX、ダイナース

■アクセス

・長堀橋から5分

・長堀橋駅から148m

 

▶ 予約はこちら

 

 

 

柏屋

 

日本料理の伝統を重んじた真心こもった四季の味覚を存分に生かしたこだわり料理を堪能することができます。

2名から6名のテーブル席、2名から10名の掘りごたつ、6名から30名までのテーブル席があり、団体での宴会、少人数での接待、家族のお祝いなど多目的に利用することのできる柏屋は、味はもちろん、使い勝手も抜群の三つ星レストランです。

 

じつに贅沢な料理が並べられます。

コースは7つのプランが用意されています。

●お昼の懐石料理(ランチ)  11,880円

●懐石料理「菊」(ランチ)  19,008円

●懐石料理「竹」(ランチ)  28,512円

●懐石料理「蘭」(ランチ)  35,640円

●懐石料理「菊」(ディナー) 19,008円

●懐石料理「竹」(ディナー) 28,512円

●懐石料理「蘭」(ディナー) 35,640円

【 懐石料理 蘭  メニュー】

・先付

・煮物椀

・造里

・替

・羹

・八寸

・焼物

・箸休

・鉢物

・御飯

・汁

・水物

・菓子

メニューは仕入れの状況により異なる場合があります。

 

口コミ

待ちに待った日 ときめきながら数寄屋造りの素敵な柏屋さんの玄関をくぐりお部屋へ。大仰でなく其処彼処にさり気なく季節を感じる居心地の良い空間でした。襖の模様も柏でほっこりしました。最初に頂いたお茶も美味しく 否が応でもお料理への期待値が上がりました。やはり 期待通り!それに 菖蒲の刀に心を刺されました。お料理はどれもお出汁の美味しさが感じられ 料理長の丁寧なお仕事が見て取れました。友人とも お出汁の美味しさは今までで一番だねと話し合いました。デザートもとても手が込んでいて大満足でした、ご馳走様でした。
誕生日ということで主人が用意してくれた食事。今日は娘はおばあちゃんに預けてまいりました。
8月の初め。
夜はこの辺りは涼しい風が吹きぬけます。
住宅地にいきなり現れる旅館のようなお店。
入り口から人が立っており、お待ちしておりました、とのこと。
期待大!
入ると右に左に小上がりがあり、女中さん的な人が三つ指ついていらっしゃいませと。
一体何人のスタッフを挨拶に当ててるんだろうか。とにかくみんなに迎えられてる感半端ない。
靴を脱いで二階へ。階段を上がってもなんとも贅沢な造り。個室までのアプローチが、調度品やら絵やらでちょっとした美術館のよう。。素敵〜!
さてお部屋は、誕生日ということで、置物もめでたいの鯛が飾られておりました。
着物を着たスタッフさんが淑やかに挨拶され、お食事スタート。
よろこぶ、の昆布茶をいただた後は、このお店特製の日本酒をお神酒で。
授乳しているのであまり飲めないけれど、舐めるくらいならいっか、、、ということで久々の日本酒。
これがまぁ、まぁ、まぁ、おいし〜!
日本酒、本当に美味しいねぇ。
なんでサケって日本でしか作られてないのかねぇ。こんな美味しいのにね。
お酒とともに来た最初の一品、雲丹と海老ちゃん。上にぷるんとしたお出汁の煮こごりのようなものが。
うわーーー
溶ける〜!
雲丹〜!一番好きな魚介類、雲丹〜!
雲丹の潮の香りとさっぱりとした冷たいお出汁が、あうわぁ〜
次にお赤飯、奈良漬け、鯛の盛り合わせ。
この奈良漬けがまた、美味しいこと!
薄〜くきってあるのに、存在感が丸出し!めでたい席にお赤飯。ありがとざんす!
椀物はうなぎ。
出汁ー!!!和食はやはり出汁が命でしょうか。
椀物はこういう料亭に食べに来ると一番楽しみなお料理です。
瓜で結びが作られていて、こちらもとても縁起よし。大根と人参で紅白。
めでたいめでたい!
そしてこれ!
鱧です。
鱧の湯引きから油通ししたものなどに、いろいろなソースが掛かっている。
梅肉も一種類ではなく、ナマの梅だったり。
いろんな組み合わせで食べて見てくださいと言われるけれど、
ソースがたくさんあって、ほんとに迷う。。。
見るも鮮やか、食べてよし。
器が変わっていて、とてもカラフル。
この器をみてこの料理を創作されたのだとか。
こちらの代表料理だということです。
とうもろこしの冷製スープもはっとする美味しさ。八寸も美しい。
全部とてもあっさりしていて、もたれない。
鮎は主人はこれまで食べた鮎の中で一番うまいと言っていました。
伝統的で、肉みたいな邪道なものは和食にはでてきていませんでした。
旬の魚と野菜をふんだんに使い、かつ食べたことのない組み合わせで
アッと驚くばかり。
本当に美味しい料理の数々で、雰囲気も最高。
このお店は何度でも可能であればきたいです。
一度行きたいと思ってた 千里 柏屋さんを初訪問しました。

名神高速沿いにひっそりと佇み、思わず通り過ぎそうになって
しまう外観。
階段を登ると玄関。
玄関から早速のお出迎え。
部屋に通され、三つ指ついての女将の挨拶。

もう、この時点で違いますよね!
既に心は持っていかれました。
※完全禁煙ですが、中庭では喫煙OKとの事でほっとしました。

今回は16,000円の菊を予約してありましたので、期待値はMax。

さて、ここからは料理の明細です。

■先付
この子とズワイ蟹、くみ湯葉の蒸し物
■煮物椀
ホタテのしんじよ、カラスミ炙り
■造
鯛、ヨコワ、剣先
子付 梅肉、昆布の松前醤油
■蒸し物
イワシを甘辛く炊いたもん、ケシノミをまぶして
もち米、大豆の飯蒸し 節分に因んで
■凌ぎ
おいなりさん、数の子、卵のしんじょ
■八寸

■焼き物
桜鱒の幽庵焼き
■箸休め
わかめのすり流し、もずく
梅の花に見立てた山芋
■焚き物
甘鯛幽庵揚げ、鏑、蕗、吉野葛のあん
■飯物
鯛のへぎ身焼きと鯛そぼろのお茶漬け
■甘味物
ミルク仕立てのアン、イチゴと晩白柚の蜜煮
■菓子
梅の色味の自家製ようかん

まず、先付からやられました。
食材の風味、ゆずの香り、汲み湯葉のバランスが良く。
器のチョイスもおしゃれ!!
寒かったので、心も体も胃袋も一安心する料理でした。

続いてのホタテのしんじょも美味!
カラスミを炙ったものも、初めての食感で美味しい!!

さて、苦手な造りですがこれも子付けで2つ用意されました。
梅肉と松前醤油。
魚は、鯛・ヨコワ・剣先イカ
どっちを付けても美味しい。
味がとにかくおしゃれ!!

特に、お腹が膨れて来てからの甘鯛幽庵あげの焚き物が、とても美味しく印象に残っています。

途中、数度。
スモーキングタイムに行きましたが、中居さんがわざわざ中庭の扉を開けてくれるんですね。
味、雰囲気、サービスどれをとっても一回行く価値はある店です。

もう少し暖かくなったら、また是非訪問させて頂きたいと思います。

 

異本情報

■住所:大阪府吹田市千里山西2-5-18

■駐車場:有り 4台

■昼営業時間:12時から13時

■夜営業時間:18時から19時30分

■定休日:日曜日

■アクセス

・阪急北千里線 千里山駅 西口 車5分

・阪急北千里線 関大前駅 北西口 徒歩10分

・地下鉄御堂筋線 江坂駅 北口 車5分

■クレジットカード:VISA、MasterCard、UC、DC、アメリカン・エキスプレス、JCB、NICOS、アプラス、セゾン、MUFG

▶ 予約はこちら

 

 

大阪の三つ星レストランまとめ

ミシュラン・ガイド2017で大阪から選ばれたのはこの3件が選ばれました。

大阪では、トップの店ということは間違いありません。

もちろん人気もありますので、なかなか予約は取れないと思います。

会社の接待、家族のお祝い、どんな使い方をしても喜んでもらえること間違いありません。

ちょっとした贅沢で三つ星レストランで美味しい時間を過ごしてみるのも良いのではないでしょうか。

 





-グルメ・食事
-,

Translate »

Copyright© トラベラーclub , 2019 All Rights Reserved.

ツールバーへスキップ